広島カープ球団初セリーグ3連覇!

管理人の予想に反し、カープが球団創設以来初となるリーグ3連覇を達成しました!

今年は目立った補強がない中、新戦力が活躍するというのがカープらしいと思いました。

投手ではアドゥア、フランスア、打者では野間が大活躍!!

今年2年目19歳のアドゥア。開幕1軍を掴むと中継ぎでフル回転。離脱もなくブルペンを守ってきたのは大きかった。

そしてフランスア。5月に支配下登録を勝ち取り、セットアッパーとして大車輪の活躍。中継ぎが崩壊状態の中で救世主となった。

打つ方では、今年一番の驚きはやはり野間。昨年まで代走か守備固めの選手だったが、今年、丸や誠也が離脱中にスタメンを勝ち取った。打撃はまだまだ粗削りのところもあるが、間違いなく今シーズン新戦力に加わったと言っていい。

今シーズンは下馬評ではカープ優勝は黄色信号と言われていた(管理人も2位予想(-_-;))

が、蓋を開ければ、新戦力が活躍し、見事に3連覇を勝ちとった。

今年の優勝の分岐点は、7月20日の巨人戦、下水流がマシソンから打ったサヨナラ2ランではないでしょうか。

巨人が7連勝中で迎えた首位攻防戦で7点リードを逆転された10回裏ですから。もし負けていれば、ゲーム差が4に縮まるところでした。結局3連戦3連勝で一気に独走できたので、この試合がリーグ3連覇の分かれ目だったかなと思います。

それと2位のチームとの首位攻防戦で圧倒的に強かったのが大きかったですね。

なかなかゲームが縮まらず、2位以下が団子状態になったのも2位にあがりカープと対戦でことごとく打ちのめされるパターンが多かったですね。

クライマックスシリーズをしっかり勝ち抜く!

あとはクライマックスシリーズでしっかり勝って日本シリーズに出ることです。

ちょっと打線が湿っているのが気にかかりますが。

どこのチームが3位になっても結局カープと対戦するのはヤクルトになるような気がします。

ヤクルト相手だと対戦成績も圧倒していますし、大丈夫だと思います。

けっこうDeNAが出てくるのが嫌だという意見を目にしますが、今年のDeNAならおそらく大丈夫だと思いますね。

それより巨人がきた場合のほうが、ちょっと心配な気がします。菅野、メルセデス、ヤングマン(間に合えば)、吉川光、今村と投手戦になればひょっとすると・・・なんてことも、ないとは思いますが。。

残り10試合をきっていますので、特に投手陣はしっかりと調整してCSに向けて万全を期してほしいですね。

 

※松山の規定打席到達は大丈夫だと思いますが、問題は野間。1試合4打席でぎりぎりで行けそう。しかも3割に乗せて規定到達なら本人にとっても自信になりますね。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です