クライマックスシリーズ第5戦DeNAが勢いに乗りセリーグ初の3位からの日本Sへ

日本シリーズ進出に王手をかけていたDeNAですが、クライマックスシリーズのファイナルステージ第5戦もこれまでの勢いに乗り9-3で打ち勝ちセリーグ初となるリーグ戦3位から日本シリーズ進出を決めた。

 

ついに終わってしまいました。

敗因はなんでしょう。

打線が沈黙したとか短期決戦での監督の采配だとかいうこともできるでしょう。

しかし管理人としては、リーグ優勝を決めた9月18日から1か月空いた中での調整が全体的に上手くいかなかったのが原因ではないかと思います。

社会人チームとの練習試合等も実践経験としては不十分だったと思います。そして、リーグ優勝した翌日に5,6人主力級を登録抹消して調整に充てたのが、あまり良くなかったかなぁと・・・。

消化試合も最後までフルメンバーで戦い、10月1日の最終戦後から調整期間に充てるほうが良かったのではないかなぁ~なんて今さらながら思ってしまいます。

その間、若手にチャンスを与えたりしてきましたので、これはこれで収穫なのでしょうが。

 

特に打線は9月絶好調でリーグ月間MVPも獲得した松山が明らかに調子を崩しており、菊池、丸も打ててない。田中、新井、西川ぐらいでしょうか、打っているのは。

そして、チャンスに併殺打や拙攻が続くのは試合勘が戻っていない証拠だと思います。

 

でも、負けは負けですので、これ以上言ってもどうしようもないのでこの辺で。。。

2017年のカープは今日で終わりです。明後日はドラフト会議ですので、こっちの方が楽しみかも。

 

日本シリーズは、ソフトバンク対DeNA・・・・たぶんソフトバンクが4勝1敗ぐらいかな~~。

見ないけど。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です