クライマックスシリーズ第2戦はDeNAがファイナル初勝利

クライマックスシリーズのファイナルステージ第2戦はDeNAが制しました。

野村が悪かったですね。5回94球8安打4失点ではどうしようもないです。相手の濱口が良かったというより、野村が悪すぎました。

5回の失点が痛かったです。あそこを何とか抑えてくれれば面白いゲームになっていたと思いますが。

クライマックスシリーズでこの内容では、正直日本シリーズでの登板も心配です。(カープが日本シリーズに進出する前提で話していますが・・・)

 

打線は田中とバティスタがいいですね。バティスタのエラーは責められません。守備に難があるのは分かっていることだし、それでも2安打しているので、守備には目をつむるしかありませんね。

打線に関して言えば全体的に当たっているという感じはしません。

そろそろ丸と松山の快音を聞きたいです。

 

明日はジョンソンの予定です。沢村賞男がきっちりした投球をしてほしいですね。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です