クリス・ジョンソン(Kristofer Michael Johnson)

人物・経歴・評価

クリス・ジョンソン(Kristofer Michael Johnson)
アメリカ出身 1984年10月14日 左投左打 193cm 93kg
経歴:パイレーツ-ツインズ-広島
投手 背番号42
評価内容: 2014年10月29日広島と1年契約で合意。
2015年3月28日、公式戦初先発でヤクルト相手に7回に山田にヒットを許しただけの1安打無四球完封勝利、準完全試合でデビュー。
その後、先発投手として一角を担いながらローテーションを守り、シーズン通算で14勝7敗、防御率1.85の成績で、最優秀防御率のタイトルを獲得した。

2016年は開幕戦で、自身初の開幕投手を務めた(8回2失点で負戦投手)。5月には2試合連続完封勝利に加えて23イニング連続無失点を記録。
6月4日に球団の外国人選手歴代最高年俸(推定300万ドル)に出来高を加えた条件で、2017年シーズンからの3年契約を新たに結んだことが球団から発表された。
シーズン中、しかもかなり早い段階での発表は異例のことだった。
8月2日のヤクルト戦で勝利を挙げ、10勝に到達。これで広島の2年連続2桁勝利はコルビー・ルイス以来2人目の達成者となった。
最終的には15勝7敗、防御率2.13の成績で、投手主要部門のタイトルはすべてあと一歩及ばなかったが、左のエースとして、チームの25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。
そして、10月25日には、沢村賞を初めて受賞することが選考委員会から発表された。
レギュラーシーズンの公式戦通算成績が選考基準7項目中4項目(15勝以上、25試合以上登板、防御率2.50以下、勝率6割以上)を満たしたことによるもので、リーグの投手主要部門のタイトルを獲得していない投手の受賞は、1981年の西本聖(巨人)以来35年振り。広島の投手からは前年の前田健太に次ぐ受賞で、外国人投手の受賞は、1964年のジーン・バッキー(阪神)以来52年振りであった。

ポストシーズンでは、CSのファイナルでは、DeNAの第1戦で、散発3安打で完封勝利、日本シリーズでは、第1戦で、日ハム大谷と投げ合い、7回途中1失点で勝利した。

特徴として、スリークォーターの長身サウスポーで、持ち球は、最速152km/h・平均約144km/hの速球(フォーシーム、ツーシーム)、平均136km/h前後のカットボール、平均120km/h前後のカーブ、平均132km/h前後のチェンジアップ。ゴロを打たせて取るタイプの投手で、被本塁打や被長打が比較的少ない。

沢村賞投手として3年契約も結び期待されたシーズンだった2017年だが、開幕の阪神戦で4回途中7失点でKOされるという予想外の結果に終わり、さらに4月5日に咽頭炎で登録抹消になり、復帰に2か月以上要した。

そして復帰したオールスター明けに再び肉離れで再度故障し、結局13試合の登板に終わり、6勝3敗、防御率4.01の成績で期待外れの結果に終わった。

 

年度別成績・通算成績

年度

所属

試合

完投

完封

打者

投球回

被安打

被本塁

与四球

与死球

奪三振

暴投

ボーク

失点

自責点

防御率

WHIP

2015

広島

28

14

7

1

1

773

194.1

146

5

67

2

150

3

1

43

40

1.85

1.10

2016

広島

26

15

7

3

2

736

180.1

154

11

49

3

141

3

0

50

43

2.13

1.13

2017

広島

13

6

3

0

0

328

76.1

79

4

25

2

53

2

0

40

34

4.01

1.36

通算

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル・表彰・記録

・最優秀防御率:1回(2015年)

・沢村賞:1回(2016年)