新外国人投手「ブレイシア」は期待どおりの活躍はできるか考察してみた

2016年12月18日、広島カープは「ライアン・ブレイシア」投手と契約合意に達しました。

名前

ライアン・ブレイシア(Ryan Brasier)

位置

投手

生年月日

1987年8月26日(29歳)

身長・体重

183cm・102kg

タイプ

右投左打

背番号

70

契約金5万ドル、年俸47万5千ドル(約5600万)+出来高とのことです。

ブレイシアはセットアッパー的な中継ぎの投手のようです。最速159km(そんなに出るか~~!?)、持ち球はストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップぐらいでしょうか。

 

どこかでアメリカ時代の動画を見ました。

ジャクソンっぽい感じですね。ストレートの出来次第という気がします。

アメリカ時代の成績等はあまり気にする必要はないかと。

日本とアメリカの打者は、タイプが違うので、あまり参考になりません。

 

バリバリの大リーガーでも日本では・・・なんて人も過去にはいましたので。

 

年俸からして、それなりに期待はしていると思うけど、正直右の中継ぎを助っ人してまでいるかなぁと思います。

よく考えると、

抑え:中崎

セットアッパー:ジャクソン

中継ぎ:ヘーゲンズ、今村、一岡、中田、薮田、九里

 

すべて右投手。

これに右のブレイシアがいるかなぁ・・・。左であればわかるんですけど。

ブレイシアがどうこうではないんですけど、どうして、右の中継ぎを補強のポイントに挙げたのか、一度フロントに聞いてみたいところですね。

 

ブレイシアに関してですが、アメリカの成績だけですが、与四死球率、奪三振率もセットアッパーとしては合格点だと思います。ジャクソン並みにストレートが伸びていけば、活躍できるのではないかと思います。

今のところは、ジャクソン、ヘーゲンズの予備的な感じもしますが、オープン戦次第で、開幕一軍に残れるかどうかでしょう。

 

※本当はマイナー時代の数字なんかをきちんと分析して、評価するというようにしたほうがいいのでしょうが、如何せん、やってもあまり意味がないというか、予想外の結果になることもよくあるので、今回はしませんでした。

時間がとれたときにするかも・・・しれません(≧□≦)

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です