2017年広島カープ交流戦を総括します!

2017年5月30日から始まったセ・パの交流戦。6月19日DeNA対オリックス戦で全18試合が終わりました。今年のカープの戦いぶりを総括してみたいと思います。

   

試合

勝率

1

ソフトバンク

18

12

6

0

.667

2

広島

18

12

6

0

.667

0.0

3

西武

18

10

7

1

.558

1.5

4

阪神

18

10

8

0

.556

0.5

5

楽天

18

10

8

0

.556

0.0

6

オリックス

18

10

8

0

.556

0.0

7

DeNA

18

9

9

0

.500

0.5

8

中日

18

9

9

0

.500

0.0

9

日本ハム

18

8

10

0

.444

1.0

10

巨人

18

6

12

0

.333

2.0

11

ロッテ

18

6

12

0

.333

0.0

12

ヤクルト

18

5

12

1

.294

0.5

最高勝率はソフトバンクとカープが1位で同じだが当該対戦でソフトバンクが1位!

昨年のカープの交流戦の成績は11勝6敗1分の3位でした。交流戦が始まって最高勝率であり、最高順位でした。この交流戦で勢いをつけて、カープは25年ぶりのリーグ優勝にこぎつけました。

そのことを踏まえて、交流戦の始まる前に今年の目標を掲げました。

目標 : 12勝6敗(3連戦を2勝1敗ペース)

2017年5月広島カープ総評

見事目標どおりに12勝6敗で勝率.667となりました。ソフトバンクと並んで最高勝率となりましたが、当該対戦で1勝2敗だったので、優勝はソフトバンク(厳密にいうと最高勝率球団)、2位カープの順位になりました。

最終戦勝った方が優勝ととても分かりやすくて良かったんですが、如何せんカープは、絶対に勝たなければいけない試合に弱いんですよね(;^_^A

しかし、交流戦2位、勝率ともに過去最高を更新しました。ここ2年のカープの強さはパリーグ球団も十分に分かったと思います。

一人気を吐いた丸が打率4割越え、投手では薮田が3勝!

個人打撃成績ですが、丸が打率.411、本塁打5、打点18、出塁率.469で打率、出塁率で12球団トップの成績、打率は唯一4割台。

打率に至っては、主力の田中.219、菊池.233、鈴木.243、エルドレッド.212、安部.212と軒並み低調な成績の中、一人大活躍だった。1番田中、2番菊池がもう少しチャンスメイクしていれば、もっと点は入っていたと思います。

特に、丸が3打席連続本塁打を打ったソフトバンク戦、バンデンハークから打った3本塁打はすべてソロで、その試合3-5で敗戦がすべて物語っていると思います。

投手では、やはり薮田。交流戦初戦の西武戦から、先発に転向してから、3戦3勝、防御率1.35、20回、被安打11、与四死球8、失点3、自責点3。

ストレートも150km超と勢いや伸びも申し分なく、いわゆる亜細亜大学ツーシームが好調でした。

MVPは勝ち越しリーグの勝率1位球団から選ばれるので、ソフトバンクからということになりますが、(おそらく柳田かな?)12球団から選ばれるというルールなら、丸も十分に可能性はあったかな??と思います。

今年もパリーグが勝ち越しましたが、セリーグもけっこう検討した?

今年もパリーグがセリーグに対して、56勝51敗1分けと勝ち越しました。これで8年連続だそうで。

セリーグは巨人、ヤクルトがあれだけの大型連敗をした中、よく盛り返したほうではないでしょうか。最終日まで勝ち越しリーグが決まらないところまでいきましたので、けっこう盛り上がったと思います。

交流戦2位のカープは賞金0円、11位のロッテは賞金100万円!?

賞金の配分方法ですが、

「通算勝利数で勝越しを達成したリーグの6球団及び最高勝率球団へ賞金を分配

1位球団    1000万円

2位球団    500万円

3位球団    400万円

4位球団    300万円

5位球団    200万円

6位球団    100万円

最高勝率球団 500万円」

と規定されています。

ということは、勝ち越したパリーグ所属球団しか賞金はもらえないということです。

そして、最高勝率球団はソフトバンクですので、

・ソフトバンク  1500万円

・西武      500万

・楽天      400万

・オリックス   300万

・日本ハム    200万

・ロッテ      100万

えっ!?これって2位のカープは0円で、11位のロッテが100万もらえるってこと!?ですか。

どうやらそうみたいです。

う~ん、これはちょっと問題ありじゃないでしょうか?

そもそも、リーグ対抗戦という意識は球団、選手、ファンの間でもないと思います。

むしろ贔屓の球団の同一リーグの他球団には負けてほしいとさえ思っている人もけっこういると思うんです。

(カープが勝っても巨人や阪神が勝ってしまったらゲーム差は変わらないみたいな・・・)

まー大した賞金額じゃないんで、そこまで目くじらを立てなくてもいいのですが、金額の問題ではなく制度の問題ですね。

想定できたと思うのですが、改正の必要はありそうです。

昔みたいに1位5000万とかのほうがシンプルでいいような気がします。1位が決まった後消化試合になることはないかと。。シーズンも折り返してもないですし。

交流戦が終わり、昨年よりいい成績のカープの今後は?

過去最高の成績に終わった交流戦のカープですが、貯金は16となり、2位阪神とは3ゲーム差。

昨年は、交流戦後は貯金11、2位巨人とは6ゲーム差でした。

昨年に比べて貯金は多いですが、2位チームとのゲーム差は小さいです。しかし、昨年は交流戦直後の阪神戦をマツダスタジアムで3タテ。そのままの勢いで突っ走っていきました。

今年も昨年と同じマツダスタジアムで阪神3連戦。しかも今年の阪神は2位で、対戦成績は3勝6敗と苦手にしています。

この阪神戦を3タテか2勝1敗でもいいので、勝ち越して来年同様に勢いをつけてほしいですね。

※先発ローテを組み替えるようです。

【薮田-ジョンソンー大瀬良】  【岡田-野村―???】

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です