2018年クライマックスシリーズ第3戦広島が3連勝で日本シリーズ進出!

クライマックスシリーズのファイナルステージ第3戦は序盤から確実に点を重ねていった広島が完勝し、3連勝としアドバンテージ勝利を含み4連勝で日本シリーズ進出を決めた。

 

巨人先発今村をカープ打線が序盤で攻略し、3回までに3点をとり今村をKOした。

投げては九里が5回2/3を1失点と好投し、中継ぎに回った岡田、一岡、ジャクソン、フランスアと継投し、危なげなく逃げ切った。

巨人は菅野ではなく今村が先発でした。菅野は疲労が蓄積していることも考慮しての今村だったと思います。これはこれで高橋監督の判断ですから、別にいいと思いますね。一部で菅野を一度も投げることなく敗退したことに不満が出ていますが、中4日で菅野登板でも勝てたかどうか。

菅野が投げるとすれば、前回のヤクルト戦を6回あたりで降板させて、この試合で先発するという方法もあったかと思いますが、ノーヒットピッチングで降板させるのは難しい選択だと思いますし、所詮は結果論ですからね。

 

このシリーズの勝因は、先発投手を含めた投手陣にあります。

3試合6-1、4-1、5-1とすべて1失点と投手陣の頑張りに尽きます。先発の大瀬良、ジョンソン、九里がしっかり試合を作り、一岡、フランスア、中崎、岡田、ジャクソンが無失点に抑えたことがすべてです。理想的な戦い方ができました。

ちょっと心配なのが、中崎とジャクソン。中崎はいつもの劇場ぶりで三振を取れる決め球がほしいです。今さらですが。

ジャクソンはスライダーが多すぎる。キャッチャーのリードも問題があります。スライダーが入らず四球をだすパターンで2死からフランスアに交代。シーズン中にもあったことなので、1点リードの場面では使えないですね。

 

打線に関しては、点は取っていますが、まだ本調子にはほど遠いと思います。

日本シリーズでは、西武かソフトバンクですが、2チームとも打線は強力です。投手陣は巨人相手のように抑えることは難しいと思います。

そうなれば打ち合いの試合も出てくるはずです。

クライマックスシリーズでは投手陣に助けられたので、日本シリーズでは打線が奮起する必要があります。

丸が少し復調気味なので、あとは誠也が本来の調子に戻ることと5番打者がポイントか。

右投手なら松山。左投手ならメヒアか。パリーグ主催試合なら新井がDHに入り5番か6番の可能性もあります。

 

最後に緒方監督の采配に期待したい。短期決戦なので、シーズン中のような“いつもの自分たちの野球”采配ではなく、1戦必勝の采配をしてほしいです。2年前の二の舞はまっぴらですので。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です