クライマックスシリーズ第3戦カープ打線が沈黙し敗戦対戦成績は2勝2敗のタイに

クライマックスシリーズのファイナルステージ第3戦はカープにとってホームベースが遠い試合となり0-1でDeNAに敗戦しました。

これで2勝2敗のタイになり、残りは3戦となり、明日勝った方が日本シリーズに王手をかけることになります。

 

今日は、4番松山の調子が上がらないこともあり、4番にバティスタ、5番松山、6番エルドレッドとジグザグ打線を組んできました。

短期決戦で調子のいい選手を使うという緒方監督の采配には賛成ですね。

クライマックスという短期決戦らしいオーダーだし、ジョンソンは1点ビハインドで5回で代打を送り交代させるあたり、レギュラーシーズンではありえないことも今日の試合の大切さを十分に分かっていると思いました。

しかし、如何せんホームが遠い。打線がここぞというときに打てない。

明日は大瀬良の予想です。投手陣はまずまずですので、あとは打線の奮起次第。

丸、エルそろそろ打ってくれ!

何とか明日勝って王手といきたいところです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です