クライマックスシリーズ仕切り直しの第4戦はDeNAが4ー3で勝ち日本Sに王手

雨で2日延期になっていたクライマックスシリーズのファイナルステージ第4戦はDeNAが4-3で接戦を制して対戦成績を3勝2敗にし、日本シリーズ進出に王手をかけた。

カープは予想どおり中4日で薮田を持ってきました。しかし、味方が3点を取ってくれたが、5回につかまり、結局5回4失点と結果を出すことはできませんでした。

しかし今日の敗戦の原因は薮田ではなく、打線にあります。初回に丸の本塁打で先制し、新井のタイムリー2塁打と畳みかけるように3点をとりました。しかし、2回以降はわずか1安打。

四球も絡めて6回にはノーアウト満塁のチャンスで代打、岩本、小窪が三振、田中が二塁ゴロに打ち取られ0点。

6回がすべてでしたね。

これで本当に崖っぷちに立たされました。明日は管理人予想は大瀬良ですが、誰が先発でも5回まで飛ばして0点に抑えてほしいです。正直打撃陣には期待はしないほうがいいので、守り勝つ野球を徹底してほしいです。

6回以降は継投で、中継ぎ陣は期待できますので、先発投手は最初から飛ばして投げてほしいです。

 

負ければ今シーズンは終了になります。日本一は来年以降に持ち越しになるだけに、何としても勝ってほしい。独走でペナントを制した意地を見せてほしいです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です