2017年9、10月広島カープ総評

2017年9、10月のカープの戦いぶりを総評してみたいと思います。10月は日数が少ないので、9月といっしょです。

   

試合

勝率

1

広島

143

88

51

4

.633

2

阪神

143

78

61

4

.561

10.0

3

DeNA

143

73

65

5

.529

4.5

4

巨人

143

72

68

3

.514

2.0

5

中日

142

59

79

5

.428

12.0

6

ヤクルト

143

45

96

2

.319

15.5

9、10月成績 16勝5敗 0分

9月に入り9連勝でスパートに成功

8月が約2年ぶりに月間負け越しに陥り、阪神に追い上げられて勝負の9月だったのですが、なんと怒涛の9連勝。

特に頂上決戦の阪神3連戦の初戦に安部のサヨナラ2ランで今年の優勝を確信しましたね。

4番目のバッター松山が大活躍!

鈴木誠也の離脱で4番が空いた穴を見事に埋める活躍を見せた松山。

鈴木が離脱した8月後半から4番に座り、9月は打率.426、本塁打5、打点23と鈴木の穴を埋める以上の活躍でした。

本人は4番ではなく4番目のバッターで後ろにつなぐ気持ちでと謙遜しているが、間違いなく今一番頼りになる4番打者である。

最終的に2位阪神と10.0差

最終的な順位を見ると2位阪神と10.0差がつきました。昨年の2位巨人と17.0差までは開きませんでしたが、今年も明らかな力の差がついたシーズンでした。

貯金は37。(管理人の)目標の35をクリアできたので良かったと思います。

クライマックスシリーズに向けて

9月18日に優勝を決めて10月1日までのシーズンは若い選手や試したい選手を起用し、クライマックスシリーズの調整に充ててきました。

クライマックスシリーズのファーストステージ阪神VSDeNAは10月14日から。ファイナルステージとなると10月18日からと、優勝を決めて1か月空きます。

この1か月の調整期間がとても大切です。でも昨年も経験している選手は多いので、そう心配はしていませんが。

まとめ

今年のペナントレースが終わりました。これからクライマックスシリーズ、そして日本シリーズに向けての準備に入ります。

阪神、DeNAのどちらが勝ち上がってきてもカープの野球ができれば日本シリーズに進出するのはかなり高い確率で間違いないと思います。

管理人はどちらかというと阪神に勝ちがってきてほしいですね。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です