コルビー・プレストン・ルイス(Colby Preston Lewis)

人物・経歴・評価

コルビー・プレストン・ルイス(Colby Preston Lewis)
アメリカ出身 1979年8月2日 右投右打 193cm 104kg
経歴:ベーカーズフィールド短期大学-レンジャース-タイガース-ナショナルズ-アスレチックス-広島
投手 背番号11
評価内容:年俸9500万+出来高(4600万)で金額の通り期待されて来日した。
オープン戦から「モーションの静止が短い」という理由からボークを度々とられ、初登板の中日戦でも1試合3ボークを記録した。しかしその後はボークをとられることはなく5月には4勝1敗防御率1.60で月間MVPに輝く。
前半戦から中4日でどんどん投げ込んだせいか7月に入り疲労と肘の炎症で離脱し選ばれていたオールスターも回避することになった。8月半ばに復帰し最終的には15勝をあげ 奪三振のタイトルを獲得した。防御率は1位に0.003差の2位だった。15勝は広島の歴代外国人の中でチェコとミンチーにならんで最多である。
150km前後のストレートと切れ味鋭いスライダーで三振をとっていく本格派の投手であり、三球三振が非常に多く球数が少ない。制球力もあり広島の大黒柱として大活躍のシーズンだった。
2年目の2009年は前年に比べると投球の波があり、完璧に抑える日もあれば大量失点を喫する日もあったが、全体的に安定した内容でカープ外国人投手では史上初の2年連続二桁勝利を達成した。 奪三振のタイトルも取りこれも2年連続の受賞となった。
2010年もカープの一員で戦うと思われていたが、家族の健康の問題を抱えており、本人は来シーズンアメリカでのプレーを望んでいることもあり、球団も本人の意思を尊重しカープを退団することとなった。

年度別成績・通算成績

年度

所属

試合

セーブ

完投

完封

無四球

打者

投球回

被安打

被本塁

与四球

与死球

奪三振

暴投

ボーク

失点

自責点

防御率

WHIP

2008

広島

26

15

8

0

3

2

1

702

178

151

12

27

6

183

1

3

56

53

2.68

1.00

2009

広島

29

11

9

0

3

1

2

715

176.1

156

13

19

14

186

3

0

68

58

2.96

0.99

通算

2年

55

26

17

0

6

3

3

1417

354.1

307

25

46

20

369

4

3

124

111

2.82

1.00

タイトル・表彰・記録

・最多奪三振 2回(2008年、2009年)

・セリーグ月間MVP 1回(2008年5月)