ロビンソン・チェコ(Robinson Perez Checo)

人物・経歴・評価

ロビンソン・チェコ(Robinson Perez Checo)
ドミニカ出身 1971年9月9日 右投右打 185cm 82kg
経歴:ノビジャ中-広島
投手 背番号106(’95)、50(’96)
評価内容:カープアカデミーから1992年に来日。外国人枠の関係で練習生扱いだった。
93年自由契約になり94年は台湾でプレーした。 95年広島と正式契約すると、初登板完封勝利をあげ鮮烈なデビューを飾る。
躍動感溢れるピッチングでこの年15勝をあげる。
しかしシーズンオフにメジャーリーグ移籍を希望し、球団と契約問題がこじれて訴訟にまで発展した。結局96年は1年間広島でプレーしてその後メジャーリーグ(レッドソックス)へ移籍することで決着がついた。
96年5月18日の阪神戦で後一人というところでヒットを打たれノーヒットノーランを逃す。97年にレッドソックスへ移籍してその後ドジャースでプレーしたが、成績を残せず2000年に引退した。

 

年度別成績・通算成績

年度

所属

試合

セーブ

完投

完封

無四球

打者

投球回

被安打

被本塁

与四球

与死球

奪三振

暴投

ボーク

失点

自責点

防御率

WHIP

1995

広島

28

15

8

0

10

3

2

811

193.2

143

25

98

1

166

4

0

64

59

2.74

1.24

1996

広島

9

4

1

0

3

1

0

226

50.2

52

10

24

0

36

2

0

31

27

4.80

1.50

通算

2年

37

19

9

0

13

4

2

1037

244.1

195

35

122

1

202

6

0

95

86

3.17

1.30

・初登板無失点勝利(1995.4.12)