リチャード・ランス(Richard Anthony Lancelotti)

人物・経歴・評価

リチャード・ランス(Richard Anthony Lancelotti)
アメリカ出身 1956年7月5日 左投左打 188cm 87kg
経歴:グラスボロ州大-パドレス-ジャイアンツ-広島
外野手 背番号45
評価内容:山本浩二引退を受けて長距離砲として獲得したのがランスである。いわゆる「三振かホームランか」という典型的なバッターで 絶好調か絶不調かという側面もあり、とてもインパクトのあるバッターだった。
入団1年目、史上初の規定打席到達選手の中で最低打率の.218で 本塁打王(39本)に輝き、おまけに三振王(114個)まで獲得した。そして当時球団新記録となる6試合連続本塁打をマークした。 ヒットが88本で本塁打が39本と約2.2本に1本が本塁打という数字にも驚かされた。

しかし2年目はコンスタントなバッティングを求められたが、 不振もあってベンチを温める場面が多くなりシーズン途中で解雇された。

 

年度別成績・通算成績

年度

所属

試合

打席

打数

得点

安打

二塁打

三塁打

本塁打

塁打

打点

盗塁

盗塁刺

犠打

犠飛

四球

死球

三振

併殺打

打率

OPS

1987

広島

121

470

403

67

88

9

1

39

216

83

0

2

0

3

60

4

114

10

.218

.859

1988

広島

79

305

264

33

50

7

3

19

120

50

1

1

0

7

32

2

58

2

.189

.730

通算

2年

200

775

667

100

138

16

4

58

336

133

1

3

0

10

92

6

172

12

.207

.808

タイトル・表彰・記録

・本塁打王 1回(1987年)

・6試合連続本塁打(1987.6.9~6.16)