ゲイル・ホプキンス(Gail Eason Hopkins)

人物・経歴・評価

ゲイル・ホプキンス(Gail Eason Hopkins)
アメリカ出身 1943年2月19日 右投左打 179cm 86kg
経歴:ペパーダイン大-ホワイトソックス-ロイヤルズ-ドジャース-広島-南海
内野手 背番号6
評価内容:カープ初優勝の原動力になった選手である。1975年10月15日後楽園での巨人戦、9回にリーグ初優勝を決める3ランは今でもよく語られている。この年打率は.256だったが、33本塁打、91打点、翌年打率.329、20本塁打、69打点とカープのクリーンアップになくてはならない存在であった。

メジャーリーグを引退して後、医師になるつもりで医科大に進む予定だったが、ルーツ監督の熱心な誘いでカープ入りを決めた異色の選手でもある。 試合と練習の合間に医学書を読んだり、広島大に足しげく通い実験をこなして球場に出向いた時期もあった。
カープで2年を過ごし、その後南海で 1年プレーして引退した。今は病院を開業し整形外科医として活躍しているそうです。

 

年度別成績・通算成績

年度

所属

試合

打席

打数

得点

安打

二塁打

三塁打

本塁打

塁打

打点

盗塁

盗塁刺

犠打

犠飛

四球

死球

三振

併殺打

打率

OPS

1975

広島

130

547

496

72

127

20

1

33

248

91

1

2

1

4

36

10

53

15

.256

.817

1976

広島

117

491

420

62

138

16

1

20

216

69

1

3

1

3

62

5

30

9

.329

.933

1977

南海

113

441

402

37

107

13

2

16

172

69

1

2

1

2

33

3

25

12

.266

.753

通算

3年

360

1479

1318

171

372

49

4

69

636

229

3

7

3

9

131

18

108

36

.282

.836

タイトル・表彰・記録

・オールスターゲーム出場:1回 (1976年)